くそ雑多なひとりごと
新しい順で見る  ❘   memoトップへ  ❘  

カテゴリ「未分類」の投稿(時系列順)[407件](3ページ目)

もう最近マジでリソース基準でゲームに手を出すか判断してるね。変わっちまったなトヤマ
キャラもののシミレーションやアドベンチャーはマジで一番楽しいけどありとあらゆるリソース吸うから気軽に始められない、しっかり時間確保できるタイミングで始めなきゃ…みたいな。
軽い気持ちで遊ぶ選択肢としてなら絶対アクションとかパズルみたいなのが良いんだろうけど、そういうのは根本的にあんま楽しめないタチなんよなー。それするならお絵描きとかしてたい

岐阜旅行なら気軽にできるし読み物としても楽しそう〜……と思って風雨来記買ったけどこのゲームのキャラ要素で殴られたらどうしよう(?)でも女の子3人だけやしまあ…まあ大丈夫やろ…
名前どうしようかな〜

歌ってみた、どう足掻いても借り物の楽曲であることに変わりはないのでそこに過剰に固有の文脈やエモーショナルを見出そうとするのは矢張りお行儀が悪いと感じてしまうんだよな。その曲のそういう部分は元作品のためのものだと思ってしまうから
だから歌声が気持ち良い人選が良いみたいな感想しか言えなくなりがち

…まあ言いたいことがイメソンオタク関係と一緒なんだけどこれの難点はそう思う一方で本能はイメソン的な衝動を制御できないところなんだよな〜〜。どうしようもねえオタクだから…
お行儀悪いオタクにはなりたくないので公共の場で大っぴらにそういう話はしないってことで一つ許してくれないか(誰が許すという話でもない)

その作品や誰かのために生み出されたものを全然関係ないキャラや人物の文脈に取り入れる(そのことを人目憚らず大っぴらに言う)ことにどうしてもなんか抵抗あるんよね。仮に私の心から好きな作品の魂の楽曲が全然知らん奴らに「うちの推しのイメソンなんです〜😭」って言われてたら腹立つだろうし…

その結果「イメソンじゃないんですけど類似の概念をここに見いだし、興奮してしまいました」って言い方しようとするトヤマ、悪あがきがすぎるぞ 何と戦ってるんだ 自分の中のダブスタと戦ってるんだよ

自動翻訳すると『これは誇大広告されています!!』になる海外コメントよく見るんだけど、本来の意味ってどんな感じなんだろうって調べてみたらHype=盛り上がる、興奮するって意味で使われてるスラングなんだな はえ~

フィクションの登場キャラがSNSを使って他者を陥れようとする描写が本当にキツいな…って思うんだけどそれってやっぱり普段からそう言うのを『現実のもの』として見てきてるからなのかなあ。その手段を取った場合の制御不能な影響力・拡散力・不特定多数の悪意や無自覚の暴力をあまりにも“リアルのもの”として日々目の当たりにしすぎてるって言うか

オフラインでのそれと違って『本人同士で和解したり解決してもネット上に永遠に残るんだよな…』とか『不特定多数の中にそういう認識が残り続けるんだろうな』って感じるのもキツい 現実への解像度のせいで

そういう性質を分かった上でやってそうな作品ならしんどいなりに納得感あるんだけど、『これ単に今の時代だからこういう陥れ描写を選択してるだけだろうな』みたいな無自覚感のあるものは本当にキツい やっぱりフィクションにSNS出すの法律で禁止しろ(暴論)

500年後とか1000年後、21世紀の描写が『古典』になって低解像度でしか知らない未来人のトヤマはSNSという古代の文化フィクションをファンタジーとして楽しんで観てるのかもしれん

アライズ発売までにグノーシア2周目終わらせるのが目標だったんだけどこれ普通に終わらんくないか 一ヵ月で50ループくらいだからあと2か月くらいいるのでは 夏のお休み次第かなあ

一気にガーっとやっちゃえばすぐ終わるのは分かってるんだけどやっぱり歯ごたえ確かめながらプレイしないともったいない感じがしてしまうからなあ。

とはいえアライズ発売までに描きたいネタのネームくらいまでは終わらせたいから解釈のすり合わせも兼ねて該当キャラのイベント回収までは済ませたい・・・でも多分終盤くらいにならないと見れないイベントなのでまあ~~ どうだろうな~~~

アニメの未視聴分消化する時間は文字打ち作業出来ないからお絵描きしよっかなってサイクルで生きてる でもここ最近急ぎでやりたいのは文字なのでちょいアニメ溜め気味だなあ

いやでも言うほど溜めてないわ 転スラ三期がまだ1話も見れてない以外はおおむね最新話追えてる 転スラどのタイミングで見ようかなあ

主人公周りだけじゃなく主人公が深く関わってないところにも面白い関係性があったり好きとか嫌いとかの感情が発生してる人間模様の作品が昔から好きなんだけど、ほとんどそれ基準で作品の良し悪しを決めてた当時に比べると今は柔軟に作品の良さを受け取れててえらい…えらいな…って思う(自己肯定感さん!?)

主人公周りにしか関係性と感情が発生しない作品はそれはそれでそういう構造にするのが適したカタチをしているだけなので良し悪しではないんだよな 単に自分の好みかどうかってだけで。昔はそれが分かんなくてマジでそれ基準で『良い作品悪い作品』って認定してたところあったけど

ばぶどん、ホロスタの他のコンビに比べるとニコイチ感は薄くて面白ビジネスコンビとして売り出してるイメージが強いんだけど(影山シエンの“相方”はやっぱりオウガさんだと思うし)

ニコイチなかよぴっぴと言うにはビジネス感があり、ビジネス仲良しと言うには普通に仲良すぎるみたいな絶妙なバランスがワイくんは良いと思います リアル人間にニコイチはそんな求めてないし同じ人とばっか連むのもそんなに求めてないのでちょうど良い距離感温度感で良い ばぶどん #holostars

まあ影山シエンさんはデビュー前初めて見たホロスタの配信が夕刻ロベルでデビュー直後は雑談で毎回のようにロベさんの話をしてラジオの有料会員に入りロベさんの家に押しかけてカレー作ってそのまま泊まっていったけど(重くない?) #holostars

でも影山シエンという人、ホロスタでは珍しい女性向け文化にかなり明るく理解があるオタクなのである程度自覚的にやってるというか、塩梅わかってやってるイメージあるんだよな。私の勝手な印象だけど
だから丁度良いんだよなばぶどん 過度なニコイチ感なくて #holostars

ホロスタ、イケメンデザインで一応アイドルというテイでやってるけど『女性向けで頑張れ』って感じじゃなく個々の特性を生かした活動してくれればええんやで~という空気なんだけど(なので夕刻ロベルは野球競馬を嗜みおねショタを語り朝から好きなエロ同人作家の話をして常に頻尿であることを隠さない)、そんな中にあって所謂女性向けと言われるようなコンテンツに造詣が深く他メンバーがやんないようなゲームやったりシュチュエーションボイスドラマ系にもノリノリな影山シエンってすげえ無二な人材だな…ってよく思うしツイステの推しカプにガチ興奮してる切り抜きを定期的に見たくなる 

どこで見つけてくるんだろうなああいう人材…中の人は調べない主義なので知らないですけど #holostars

リアル人間や今ナウなコンテンツの話ってそれで検索してる人多いしなんなら本人も検索してるからTwitterではしにくいんだよな。てがろぐ作って良かった

もちろん本人の目に留めたり盛り上がってる空気の一員になりたいときはTwitter使うんだけども。私のV垢のツイートマジで盛り上がりに加担することしか考えてないから虚無みたいなツイしかしてなくて逆におもろいよ(タグつけて面白かった~!お疲れ様でした~!とか言ってるだけ) #holostars

アイドルというテイだけどやっぱ本質はもうちょい広い言葉としてエンターテイナーだよな〜 登録者数筆頭の夕刻ロベルがもうはちゃめちゃにエンタメ男だし #holostars

善人ばかりではない感じの作品において善性を貫いてるキャラ見ると美しいな…って思うんだけどフィクションにおいて善であることは単なる個性であってキャラクターとしての優位性ではないみたいな気持ちと一緒にあるし、善とも悪とも言えないクソでっかい混沌が大好き

あとこれは完全に非公式俗説というか私が勝手にそう思ってるだけなんだけど、ボイフレの属性分けって『あれ?その人がこの属性なの?』みたいなのがちょいちょいあって、それについて考えてた時に



もう女の好みで属性分けてんじゃね?説がめっちゃ好きだったな……いや、この三属性女子はあくまでゲーム内アイコンなので公式も絶対そういう意図はないんだけど。あくまでこのアイコン女子キャラをキャラクターとして見ているオタク陣営の二次創作的な与太としてね。統一スチル用の顔なし主人公女子って概念もあるので
だってPrinceのやつら皆緑の子が好きそうだもん…(緑のオタクくんのフィルターだ~~!)

緑・・・・・・いつ見ても可愛いな・・・・・・・・・・・・・・・・

は?緑かわいすぎる 久しぶりにまじまじとるか先生の神絵見て目が焼けた