雑記/議論って面倒だよね

全ての文末に(私の浅はかな個人的考えですが)がつくタイプの思考整理文書です。

 

ぎ‐ろん【議論】
[名](スル)互いの意見を述べて論じ合うこと。また、その内容。

(デジタル大辞泉より引用)

他人同士の『意見を言い、意見を聞く』という行為は非常に難易度が高いように感じる。というかすげー面倒だ。面倒すぎないか?

A氏の問題提起や疑問に対して、B氏が意見を出すとする。意見という断片情報を受け取ったA氏は頭の中で情報を補完して解釈する→確実に齟齬が発生する。

これは当然で、受け取った側が解釈するための前提情報が少なすぎるのだ。故にA氏の中の考えを反映した『B氏の人物像と考え方(虚像)』『それに沿った解釈』が発生する。正しく伝わるわけがない

なので、正確に意図を伝えるためには『こういう前提で、このように考えるから、こういう結論を出している』という話を筋道立ててする必要があるのだが、これをやるのはものすごく面倒くさい。『急に長文連投してくるヤベーやつ』になる。これはこれでコミュニケーション不全にしか見えない。

ちゃんと『議論』をするのであれば、対話しながら情報を引き出し合いお互いの前提を共有する必要がある。……のだけど、これは相互の了承が必要だと思う。お互いがどちらも『この人と意見を交わし合いたい』と考えていなければ成立しない。一方はそれを望んでいるが、もう一方は特にそれを望んでいない場合、これもコミュニケーション不成立だ。

 

この辺まで考えて、議論や話し合いって概念クソ面倒すぎるな……になってしまう。『共有できる前提情報が少なすぎるな』『多分この人は疑問を呈してはいるが意見を聞きたい訳ではないのかも』を感じた瞬間、あ、違ったすいません(身を引く)になる。

なので、前提共有が難しい短文SNSや匿名ツール等はあまり議論に適した場ではないと思う。だけど、なまじっか意見だけは生まれてしまう場所なので『議論らしきもの』は常に発生しがちなのだよな。あれは本当に不毛だと思う。所謂レスバという状態か

匿名の悩み相談とかも同じで、その文章の中から相手のことを事細かに類推することは不可能だ。なので『回答者側が脳内補完した相談者像』に対して回答することになってるんじゃないかと思う。プロや相談慣れしている人ならその精度がある程度高いだろうけど

 

なので、何かしらに対する考えや意見の話はこういう場所でするのが一番楽だ。ここなら誰かに語り掛けているワケではないから『いきなり超長文で話してくるやべーやつ』にはならないし、多分自分の考えに興味ある人しか読まない。最強だ。なおコミュニケーションは放棄しているもよう。こういうところは本当に自分の良くない部分だなあと思う。

コミュニケーションとかいう高度すぎるスキルやべーよな。これは社交的であるかどうかというより、『相互でちゃんと成立しているコミュニケーションを取れているか』という意味だ。社交的であってもコミュニケーションがイマイチ成立していない人間はいる。これはかつての様々な自分のことだ。ぶっちゃけ今も出来ない。経験値効率がゴミカスなままここまで来てしまった。

そのことに気付かずに“コミュニケーションできているつもり”の時期も長かったように思う。今は中途半端に覚醒してしまっているせいで『他者に働きかけた後、そのコミュニケーションが間違いだったんじゃないかと考える自分』が発生してしまう。めんどくせ~~な!オイ!

もちろん『お互いに前提が欠けているから、できるだけその点は意識して丁寧に行こう』とは思う。思っていてもアレはやっぱ違ったかもしれんと考えてしまう。もうなんか非常にダルすぎる(最悪結論)。そもそもコミュニケーションに100%の正解や不正解なんてあるのか、多分無い

人間、マジでややこしくて複雑で面倒なことをしているな……と思うので基本的にマジで面倒なのだが、フィクションの登場人物らに発生するコミュニケーション不全や齟齬は超~~~~~~~~~~~~~~~大好きなのでオタクで良かった。やったぜ よかったぜ