初代と二代目

の絵

元ネタは初代ポケモンガイドブックの絵です

なんでそこから持ってきた?って感じだけど好きなんだよなこの絵 ポケスペでもこれ元ネタにした絵あったよなー

これこれ 3巻の最後のやつ これだいすき
まあ一族的には初代の男女比くらいしか共通項ないんだけども

初代と第一子はレジェンド感ある組み合わせとして、初代と二代目っていう関係もなんか凄いすきなんだよね。「俺の屍を越えてゆけ」というタイトル通りの言葉を放って次を託す相手、って思うと特別だなあ~~~ってなっちゃう
その相手が第一子であったりそうでなかったりするところも好きです。なんかウチは第一子に指輪渡す方がレアなので二代目≠第一子の印象が強い 統計的にはどうなのだろう

効率を考えたら一番強くなる末子に渡した方が良いという見方もあるし、一番強い末子に当主の指輪以外の装飾品つけられるようにして自由度上げておきたいって考え方もできそう。
人情的には第一子チョイスが多いのかなって印象があるけど でも人情的に末子っていうのもまためっちゃ分かるんだよね。
初代は第一子と月齢差が少ないので孫の顔を見やすい関係上、孫に渡すパターンもあるよね。羽出井の時は第一子に渡すことを選択したので二代目=孫というパターンはまだやったことないのだけど。

紅丸にせよ真赤丸にせよ、第一子以外に二代目を託した相手を見ると『私が初代以外から一族代表を選ぶなら』で選出するタイプの集まりだな~~~って思います。

紅丸は『当主とか呪いとか関係なく“らしく”生きたらいいじゃん』ってところがすごく馬鈴薯代表っぽいし、真赤丸は『そもそも自分らしいとは一体何なのだろう』ってところがすごく徳甲っぽい。
後から気付いたんだけどホッシーと真赤丸が意外と共通項多いのよね。パっと見は全然違うんだけど、自分ってやつに違和感を持つようになったところとか、身を投げようとしたところとか…

とまあそういう感じでこれをこう、表紙にしたいなあ…という(レイアウトはまだぜんぜんやってないので文字置いただけ)
文字もさっきのポケモンガイドブックのパロみたいなやつです。フォントどうしようか

松葉はカバー折り返したところに置きたい

中身はこんな感じで延々うちの一族のデータが載ってるだけの本。欲しい めちゃくちゃ欲しい マジで欲しい
ちなみに個人データ+纏めたい他データ合わせて全何ページくらいいくのかなとざっくり数えたところ240ページくらいでした。笑

 


 

ただ、すごい悩んでるところがあって
この本私はマジで欲しいし、作るならカバーとか付けてPP加工して特殊装丁モリモリなやつにしたいんだけど、それで240ページってなるとマジで単価がやばいんだよね。そこそこの冊数刷って最大早割入稿しても確実に1冊2000円は超える(スタブ調べ)

私個人はこの本欲しいので何万円かかっても作りたいんだけど…仮に通販入れるとしてこの、描き下ろしマンガ集めたアンソロとかの類でもない、小説や評論・パブリックなテーマのデータ集ってわけでもない、ただ自分の一族のデータをまとめただけの同人誌に2000円って正直まずキツい値段設定だと思うんだよね~~~~という。例えるなら私が今作りたいものって一般人の家族写真集みたいなもんなので。
需要ゼロとまでは言わないけど第三者の気持ちになって考えると決して需要があるとは思えない(少なくとも2k出しても欲しいかと言われると…的な)

卑屈ではなく客観視するとって感じでね!ポスターの方は思ったより注文いただけて超めっちゃ嬉しかったんですよ!ほんとに!マジで感謝が強い 本当にありがとうございます これどう感謝を表せば良いのだろう
ただ、350円のポスターと2000円のデータ本は前提やら何やらが何もかも違うから『ポスターがこれくらい注文貰えたから』って参考にできるものではないかな~とは思うわけでして

なのでもう自分用に1冊か2冊作って終わりで良いかな~~とも思うけどどうせ作るならな~~~~~!っていうな~~~!!という…印刷物は一冊だけなら安いってものじゃなくて、数刷ればそれだけ単価下がるものですし。もし欲しい人がいたらその分刷りてえよなあ~~とも思うんだけど…

自分がお金出すのは良いんだけどねー それを誰かに頒布するとなると考えることが多くて難しいよねえ。自分がお金出すのは良いけど需要の見極め誤って誰も乗ってこなかった桃太郎の画像状態になって大量の在庫抱えることになったら楽しい感情と記憶にケチがついて損だしなあ(お金より感情の損得で考えがちオタク)

とは言え私が悲しくなるので買ってくれとは当然言えないしそもそも思わないし、というか純粋に『欲しい』以外の気持ちでお金出す必要/zeroだもんな…マジでほんとに

 

それで悩んで作るか作らないか決めあぐねていたんですが、『基本的に製本版は自分用に作ることにする・頒布は適当に安価(300円くらい)で電子版PDFとかにしてBOOTHに置いておく』『もし2000円くらい払っても製本版欲しいって人がいたらその数だけ刷りたいので事前受注的な形にする』…っていうのが一番良い感じかな?と思いました。どうかなー

マンガでも再録でも、それ用に募ったアンソロでも評論でも小説でもない、更に言うとオリジナル作品でもなければ特定作品の二次創作物でもない(※)
個人の自一族データをまとめただけの本…となるとやっぱり電子PDF500円以下くらいが相場かなあ~という気がします。わかんないけどね。

(※)…広義で言えばこれは俺屍の二次創作物なのだけど、一般的に二次創作と言えば多くの人が認識している原作ストーリーorキャラクターがあるもの…共通認識ありきの需要だと思う。
そしてオリジナル創作物は『原作前提がないという前提』がある?
なので共通認識が無い、しかし原作前提は存在する『俺屍自一族創作』は割り当てにくいジャンルだなあと。

上記のようなマンガや小説やアンソロで240ページの同人誌を電子版300円で売ってるヤツがいたら価格破壊で他のサークルの迷惑になるからマジでやめろと思うけど。自一族データ集なんだよなあ~~~!
イベントに出る予定もないし、どちらかというと基本的に『私が私に需要のある私の欲しい物を作って、もし他に欲しい人がいたとしたらめっちゃ嬉しいのでお裾分けさせてほしい』っていう感じだからなあー。

ぶっちゃけ金銭的に黒字になる必要ないし、というかこのテーマの本で装丁盛って黒字は5000%ありえないので(でも自分の感情や楽しさだけは絶対黒字にしたい、だから装丁削りたくない盛りたい) 諸々鑑みた上で作るならこれが一番妥当じゃないかなあ

自分が欲しい物作って他に欲しい人がいたら分けたいっていうの、すげえ原初の同人サークル概念っぽくなってておもろいな…

 

上記の相場イメージや値段設定についてはあくまで私個人の価値観に基づく考えなので、無いとは思いますが私以外の誰かの作る同人誌の値段設定にケチつける参考にはしないでね。
これはあくまで同人イベントとかは出る気ない、パブリックでないテーマのデータ集に自己満足で装丁とか色々付けた本作りたいって言ってる前提の相場考察で、リアル同人イベント参加込なら印刷代と交通費込でトントンか黒字になるくらいの値段設定が普通だと思いますから。当たり前だけどね
こんな辺境隔離ブログなので無いやろとは思うけど一応

 


 

色々うにゃうにゃ考えたり書いたりしたけど、現状出来てるのって上に貼った絵とキャラページレイアウトだけなので実際に本になるかどうかは神の味噌汁という感じです。240ページとかいう果てしなさだし、結局他にやりたいことできて流れるかもしれないし

あとやるならデータだけじゃなくて変な企画とかもやりたいしな ジャンプのファンブックとかでよくあるような…ファンイラストコーナー(自演)とかそういうの…(自演なんだ…)

現実的に完成しそうならまたなんかアレしますね。アレ どういう内容でどういう装丁でどういう値段かを極力伝わるように具体的に提示してアレします

こういう時はアンケなりなんなり取れば良いじゃんという説もあるけど正直同人に関してアンケでは需要は分からない、というのが個人的な考えなんですよね。そもそもまだ全貌が全くできてないし完成するかも分からないものだと情報量少なすぎて答えようがないし

なんでこんな扱い難しい特殊な同人誌を作ろうとしてるんですか…?(電話猫)
私が…私が欲しいので…自一族データブック………