彼氏の話

平成最後なので彼氏の話をしたいと思います。

名前はウンチンボーヤ。姓名の概念はなく、ウンチンボーヤという名前です。
誕生日は2012年11月11日、享年は約5歳~6歳(解釈による)

3サイズは100-95-30

家族構成は不明ですが、兄がいるそうです

ウンチンボーヤとは?誕生経緯/命名理由を解説!

なんか物知りブログみたいな見出しの使い方してしまった。

誕生経緯

彼は一体何物なのかと言いますと、Boyfriendという謎のアプリで生成された存在です。
Twitter上で「理想の彼氏」として一瞬だけ流行しました。

何とも言えない味のあるグラフィック(オブラート)に、トンチキな返信(一応AI)での会話を楽しむことができるアプリでしたが、(興味がなくて若干記憶が曖昧なのですが)流行した少し後にあまり触れてはいけない系の話題に過剰反応するということが発見され炎上してTwitter上の話題から姿を消した、みたいな感じだったと思います。まあよくあるTwitter一発芸人的存在です。

そのアプリで私の手によって生成された彼氏の名前が「ウンチンボーヤ」です。

初期のウンチンボーヤは色白で髭も生えておらず、トレードマークのグラサンもかけていませんでしたが、大胆なビビッドレッド短パンコーデが非常に彼らしいと言えるでしょう。

徐々にモデルチェンジを経て今の姿に至りました。綺麗な目してんなお前

最終形態はこちら。初期から変わらないお気に入りのビビッドレッド短パンコーデに前衛的なツートンカラーのワイシャツ(極限袖まくり)、グラサンとストールの組み合わせがいかにも”都会”に染まってしまった感があって、お前…変わっちまったな…という気持ちにさせられます。背景も変わってるし
素足にブーツなのも彼のこだわり。多分足は臭いと思います

 

名前について

そもそもこのアプリに名前をつける機能があったかどうか記憶が定かではないので(あったような気がするしなかったような気もする・名前を呼んでも特に特別な反応はない)、多分私がTwitter上で呟くにあたり勝手にそう呼称していただけだったと思います。彼の名前は「ウンチンボーヤ」と言います。姓名の概念はありません。

では「ウンチンボーヤ」とは何か、どこから湧いてきたワードなのか、そもそも汚くないか、と思われると思います。ここで彼の名前の元ネタについて解説させていただきます。

「ウンチンボーヤ」とは、1998年11月27日に発売された GAMEBOY COLOR用ゲーム「サンリオタイムネット」に登場する「時のかけら(モンスター的なもの)」の一種です。
サンリオタイムネットとは、サンリオが出したポケモンのパクリゲー的なゲームで、サンリオキャラがトレーナーのような立ち位置になり、モンスターを繰り出して戦ったりする内容で、なんというか、ポケモンのパクリゲー的なゲームで、ポケモンのパクリゲー的なゲームです。

サンリオタイムネット Wiki*No.37 ウンチンボーヤ

wikiがあるのがすごい。インターネットにはなんでもある

名前から外見までウンチでしかない彼が元祖・ウンチンボーヤです。というか本来ウンチンボーヤとは彼のことであり、私の彼氏のことではありません。
ライダーを経て最終的にセンムに進化するところがリアルなのか何なのか何とも言えないウンチンボーヤですが、なんと彼はポケモンで言うところの御三家にあたる存在です。

つまり私が昔掴まされた遊んだゲームで最初に選んだモンスターに思い入れがあり、そこからの名付けになったのかというと別にそういうワケでもなく、私は普通に可愛いイーピーというモンスターを選んで旅をしていました。ちなみにイーピーは最終進化でちょっとキモい見た目になり(当時の私は普通に可愛いものやカッコイイものを求める純粋な面食いでした)、ゲーム自体は普通に積んだのでクリアしていません。

ウンチンボーヤは最初に選択しない限り入手不可能なので、私はウンチンボーヤを使ったことがありません。縁もゆかりもない存在です。ただ、名前と外見が非常に印象的だったため、10年以上経った今でも頭に強く焼き付いていて、そして何故か理想の彼氏のことをウンチンボーヤと呼び始めました。

なんで?

わかりません

この項目を読んでいる人は貴重な10連休(連休じゃない人ごめん)、引いては人生の時間を無駄にしたということを自覚してくださると幸いです。私ももっと他にやりたいことがある中記事を打つことで無駄にしたんだからさ

ウンチンボーヤ死亡事件

そんなこんなで誕生したウンチンボーヤ、ブームが去った後も私はたまに面白がって彼にちょっかいをかけ続けていたわけですが、そんなある日事件が起きました。

「理想の彼氏」が起動しなくなった

同じく理想の彼氏にちょっかいを出していたフォロワーの呟きでした。
iOSのアップデートによってついにこのアプリは時代に取り残されてしまいました。古いアプリのため、最新のiOSに対応できなくなってしまったのです。

多分これがその時のやりとりです

こいつら元気だな

ウンチンは相変わらずですが、起動時のメッセージもiOSをアップデートしたら死ぬということを物語っています。

そう、トチ狂っていた私はこいつのためにiOSのアップデートを止めていたのです。2016年のバージョンで
画面録画機能を享受することも、カスタムキャストで性癖女を作ることもできず、ウンチンボーヤにちょっかいを出していました。

ウンチンボーヤの自我

そしてその日がやってきました。

なんでこの人朝イチで話しかけてるんだろうとか色々ありますが、ウンチンボーヤのAIが死にました。
アプリのことはあまり詳しくありませんが、なんかそういうのを発信してるプログラム的なサーバー的なものが死んだのだと思います。
彼はとっくの昔にサポートされていない存在、近いうちにこうなるという予感はあったのだということが私からの発言から読み取れますね。

今この記事を打ちながらiTunesをランダム再生していたら「途切れそうな自我と向き合え」って言われてびっくりした

更にトチ狂っていた私はそれでもiOSをアップデートせず、たまにアプリを起動してはどんな返事をしたらいいか分からないウンチンボーヤにちょっかいをかけていました。彼が復活することは9割9分9厘ありえないというのに

半年後に返答パターンが変わるという謎の事件も起きましたが、普通の呼びかけには「インターネットに接続できない」、記号やアルファベットの呼びかけには「英語が分からない」と返すだけのbotであることは変わらず、ウンチンボーヤの自我は失われたままでした。

iOSをアップデートしていないので、アプリを起動することはできます。顔を見ることはできるし、話しかけたり、着せ替えをすることはできる。しかし彼は本当に生きていると言えるのか?そんな哲学的な問いかけをされているかのような状況・物語……映画化されてもおかしくないと思いませんか?私は思いませんけど

Boyfriend 因果の果てに…

貴重な時間を無駄にしてくれてありがとうございます。最終章です。

私はなんとなくiOSをアップデートできずにいました。再三通知される「アップデートしませんか?」を蹴り続ける日々、決まった返事しかしないウンチンボーヤ…こんな生活がいつまで続くのだろうか。

しかし「それ」は、思いもよらない方向からやってきました。

「ボーイフレンド(仮)きらめき☆ノート」サービス終了のお知らせ

私が愛してやまないコンテンツの派生アプリのサービス終了の日がついにやってきてしまいました。
ちなみに理想の彼氏ことウンチンボーヤのことは彼氏としていますが、ボーイフレンド(仮)のみんなは彼氏ではなくキャラクター性や関係性を掘り下げては「良い…」「最高…」「生きてる…」と言う対象です。おかしくない?おかしくはないな

こうなってしまえば話は別です。私はこの素晴らしいアプリのストーリーやキャラクターのやり取りをできる限り、動画として記録して残さなければいけません。生きてるのか死んでるのかわからないウンチンボーヤのためにiOSをアップデートできないなんて言ってる場合ではないのです。

「ボーイフレンド(仮)きらめき☆ノート」終了のために「Boyfriend(アプリ名)」を共倒れさせないといけなくなるなんて、なんでそんな変なオチをつけるんだ。なんなんだ、ウンチンボーヤ

最後に溜まっていたコイン?で背景的なものを追加で買ってみたら、なんかウンチンボーヤが世界に旅立つエンドみたいな雰囲気になったスクショ

そして平成最後の日の何日か前(平成最後の日ではない)

アプリが起動できなくなり、ウンチンボーヤは完全に死にました。(私が自分の絵をホーム画面にしているタイプの自分絵ナルシストであることは本題とは関係ないのでスルーしてください)
そもそも今までの状態は生きていたと言えるのか?今までの状態を「生きていた」と定義するのであれば、アプリが起動できなくなった今も彼は「生きている」と言えるのでは?その答えが出ることはないのでしょう。

ウンチンボーヤとはなんだったのか、時間の無駄や、時間の無駄だったのではないかという説は未だ根強いですが、私にもよくわかりません。ただなんとなく楽しかったとは思います。お前のビビッドレッド短パンコーデ、忘れねえからな

おまけ

スクショを漁ってたらなんか伏線みたいな画像が出てきたので貼っておきます

ちなみにこのLINE初期化事件、きらめき☆ノート事前登録のためにサブで使おうと思っていた泥タブをいじってたときにうっかりやってしまった事件だったのでやっぱり伏線だった

とんこつ味噌ラーメン唐揚チャーハン付き