君が空だった




雪片「シオミ様 そんなところにいてはお体に触ります」




さゆみ「ん〜、そうやね だけどどっちみち多分もう長く…ないし」


さゆみ「あたしは部屋の天井見てるよりこっちがいいな」


雪片「…………」


さゆみ「ていうか雪片ずっとそこにいたっしょ 入ってくればいいのに」


さゆみ「…あんたそーいうとこあるもんね ほれほれ、当主命令じゃ 近う寄れ〜い」
雪片「…………失礼いたします」

さゆみ「もっともっと ここ 座って」




さゆみ「はーーっ こりゃいいわ」
雪片「シ、シオミ様…………」
さゆみ「雪片あったかーい しばらくこーさせてよ」
雪片「…シオミ様がそう仰るなら…」


さゆみ「ね、雪片」
雪片「…はい」


さゆみ「あたしさー、父さんもそうだったっぽいけど、あんま呪いとか、復讐とか、自分が死んじゃうのがやだとかって感覚わかんなくてコレ 当主向いてねーんじゃないかなって思ってたんだ」

さゆみ「それにあたし戦いの才能ないしさー、あんたの父ちゃん、たまにあたしのことすっげー睨んでた」

雪片「……」

さゆみ「雪片もちょ〜強いし真面目ちゃんだからビミョーじゃなかった?あたしについてくの」


雪片「そんなことありません!」
雪片「…私にとって"当主(シオミ)様"はさゆみ様しか有り得ません …貴方は私が持ち得ない全てを持っていますから その…」


さゆみ「…ゴメン、ちょっとイジワル言っちゃった あんたは良い子やね」

さゆみ「あんたがあたしについてきてくれててよかったって ずっと思ってたよ ありがとね」

雪片「…………………さゆみ様…」


さゆみ「…雪片、そんなガマンした顔しなくていーよ 野郎どもはみーんな出払ってるし、今はあたしとあんたとイツ花しかいないんだから」


雪片「…はい」



BACK